最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」ロードマップ・ホワイトペーパーの仮想通貨情報まとめ|coin太郎のCripte日記

最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」ロードマップ・ホワイトペーパーの仮想通貨情報まとめ|coin太郎のCripte日記

 

今回は注目のICO「mine coin(マインコイン)」の仮想通貨情報をロードマップやホワイトペーパーを参照して紹介していきたいと思います。

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180509200322j:plain

最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」とは

 

mine(マイン)は「仮想通貨が広く利用される世界」を作ることを目的としたプロジェクトで通貨名がmine coin(マインコイン)です。

仮想通貨の真価を発揮させるには、誰でも簡単に決済ができる仕組みを作ることが必要だ。さらにはその仮想通貨を使えば使うだけその仮想通貨が手に入り、その仮想通貨の価値をより高めることができれば利用者は一段と増え、1つの大きなコミュニティが形成される。通貨自体の価値が半 永久的に増え続けることで、その通貨を使う頻度も比例して増えていく。このループが仮想通貨を 軸にした経済圏を作る根底の仕組みである。
この仕組みを実現するのがmineであり、私たちが「マイニング経済圏」と呼ぶものである。
mine とマイニング経済圏こそが、私たちの目指す「仮想通貨が広く利用される世界を作る」というビジョ ンを実現させ、人々をより豊かな生活へと導いていくものと確信する。

 

 引用元:ホワイトペーパー

 

最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」ロードマップ

f:id:colitis1p_thie:20180509200427j:plain


2018年Q1:プライベートセール実施
2018年Q2:トークンセール実施・配布、ファームの建設
2018年Q3:wallet α版リリース、mine card申込開始、マイニングプールの設置、取引所上場
2018年Q4:wallet正式版リリース、ETH分配開始

 

 

最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」注目点


中国初の正式に認可を受けたマイニング工場


中国は仮想通貨に対する規制が特に厳しく、認可を受けていないマイニング工場は次々に閉鎖されるなど、とても厳しい規制のようです。

中国は基本的にマイニングは禁止されているのですが、mineの工場は「ウイグル自治区」と言う特別な場所に設置しています。
mineで注目すべきは「中国国内で初めて正式に認可を受けたマイニング工場を運営している」というポイントです。
 

デビットカード発行のために既に銀行と提携済み


デビットカードを発行するためには、銀行が持つライセンスが必要だそうで、mineは既にコモロ諸島にある銀行と提携をし、ライセンスの取得が完了している模様です。

 

最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」目的


mine(マイン)の目的「マイニング経済圏」を作り上げるのに必要な要素が下記の4つになります。


マイニングファーム

マイニングファームを運営することで、仮想通貨への投資が自動的に繰り替えされる事になり、このマイニングで得た利益はmine保有者・利用者に還元されるシステムになっています。
現在はスーパーコンピュータにより、イーサリアム(ETH)をマイニングしているそうで、今後は他の仮想通貨をマイニングする可能性もある模様です。

  

MoT(Mining of Things)

MoTはmineの開発者が提唱しているもので、簡単に言うと「モノを買うとmineが入ってくる」という仕組みで、これにより、mineの流動性が高まり独自の経済圏を作り上げることができるようです。

 

mine ウォレット

mineが発行するウォレットにmineトークンを入れておけば、自動的にマイニング利益の分配を受けることができる仕組みです。

 

mine デビットカード

mineは既に海外の銀行と提携しており、VISA機能がついた「mineカード」を発行する予定です。
mineカードではmineトークンだけでなく、BTCやBCH、ETHなどの人気仮想通貨での決済も可能になります。
また、利用した分の3.5%(利用分の5%中の70%=3.5%が還元)が利用者に還元される仕組みです。

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180509200403j:plain

 

最速注目ICO「mine coin(マインコイン)」まとめ


中国で初めて認可を受けたマイニング工場を有しているのは凄いことですね。

他にも銀行と提携していたりなど、今後も注目のICOですね。