驚愕のICO「Wowoo(ワォー|Wowbit)」の特徴・ロードマップなどを紹介|coin太郎のWowoo日記

驚愕のICO「Wowoo(ワォー|Wowbit)」の特徴・ロードマップなどを紹介|coin太郎のWowoo日記

 

今回は新しい驚きのICO「Wowoo(ワォー|Wowbit)」について記載していきます。

 

 

 

「Wowoo(ワォー|Wowbit)」とは?

f:id:colitis1p_thie:20180413174620j:plain

Wowoo(ワォー)はシンガポールで開発されている仮想通貨で、目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されてます。

Wowooは正確に言うとプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWobit(ワオビット)。

「感動の可視化」を実現しようとしているWowooのプロジェクトは仮想通貨のブロックチェーンと非常に相性がいいと言われています。
その理由としては、Wowooが発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能だからです。
モナコインのようにわずかなコストで投げ銭を行うことができ、芸術や業績、作品といった経済的な価値をつけにくい分野においても感謝・感動の気持ちを伝えることが可能となります。
つまり、Wowooは人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることが可能なプラットフォームを目指しているのです。

 

 

「Wowoo(ワォー|Wowbit)」特徴

 

Wowooの特徴は、「特別決議機能」や「準備金制度」になります。
Wowooの準備金制度における特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、トークンの保持者による投票で意思決定がされることです。
投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、Wowooは非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

準備率(CR)は20%で、新規にWobitのトークンが発行される際には、ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、Wobitトークンの売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

 

 


「Wowoo(ワォー|Wowbit)」ロードマップ

 

  • 2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:Wowooシステム開発
  • 2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

Wowoo(ワォー)驚愕の理由

f:id:colitis1p_thie:20180413174650j:plain

Wowoo(ワォー)の驚愕する理由は、大きく分けて次の3つとなります。

  1. ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  2. 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  3. NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

仮想通貨の第一人者であるロジャー・バー氏がWowooの評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛し、日本最大級のQ&Aサイトである「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしており、さらに、ロジャー・バーだけでなく、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこのWowooのアドバイザーとして参画しているという驚愕の注目ポイントです。

 

 

「Wowoo(ワォー|Wowbit)」のICOはいつ?

 

気になるWowooのICOは、2018年1月17日の13時からプレトークンセール開始、その後、2018年2月22日13時からトークンセールが始まり、3月2日に終了という予定でしたが、WowooはNEOのプラットフォームに移行するため、それに伴いICOの実施は延期されています。

 

f:id:colitis1p_thie:20180212045416j:plain

「Wowoo(ワォー|Wowbit)」まとめ

 

Wowoo(ワォー|Wowbit)は、ロジェー・バー氏が絶賛、Q&Aサイト「OKWAVE」が出資、NEO創業者Da Hongfei氏がアドバイザー、など驚きのビックニュースばかりの熱いICOなので、最近おすすめのICOです。