「次世代の宝くじ!?」Quanta(クオンタ)とは。

「次世代の宝くじ!?」Quanta(クオンタ)とは。

f:id:colitis1p_thie:20171212175253j:plain

 

こんにちは!とうとう2018年になりましたね^^

Quanta(クオンタ)の上場予定まであと少しとなりました。

 

 

Quantaとは、もともと暗号通貨Ethereum(イーサリアム)のシステムを元に作られた時価総額No.2の暗号通貨です。

そのためQuantaのプラットフォームには、Ethereumによって実現可能になった最新技術”スマートコントラクト”が装備されています。

 Quantaは”スマートコントラクト”や”ブロックチェーンなどの最新技術が使用されることで、「人の介入しない宝くじ」と呼ばれています。

人が介入しないということで、現行の宝くじとは比べ物にならない高い還元率ブロックチェーン技術による高い安全性を可能にしました。

 

 

◯還元率

還元率とは、使ったお金に対していくら戻ってくるかの割合のことです。

駅前などでよく見かけるのが一般的な宝くじ屋さんですが、店舗をかまえてるのはもちろん購入から抽選、配当までいくつもの人件費がかかってしまいます。

それに比べてQuantaは、さきほども述べたとおりブロックチェーンの使用により人件費がかからないので、高還元率にすることができるのです。

現行のものが約48%なのに比べ、Quantaは約85%と倍近く高いのです。

 

◯安全性

人が介入しないことで起きるメリットはお金(人件費)のことだけではありません。

『人が関与しない=不正行為が起きにくい』という安全性につながります。

人による詐欺や記録の改ざんなどの不正行為は、ユーザー側からすると大きな懸念点となっています。

その危険性を極限化することで、Quantaはかなりの人気を得ています。

 

 

 

少しだけですが今日はこの辺にしたいと思います!

この機会にみなさまもQuantaに興味を持ってみては?^^