Quanta(クオンタ)のブロックチェーン技術とは?

Quanta(クオンタ)のブロックチェーン技術とは?

f:id:colitis1p_thie:20171225233047p:plain

Bitcoinビットコイン)、Ethereum(イーサリム)、Quanta(クオンタ)...

と様々な暗号通貨にブロックチェーン技術が用いられています。

 

そもそもブロックチェーン技術とはなんなのか?

今回は最近よく耳にし今後さらに発展していく可能性の高いブロックチェーン技術について解説していきます。

ブロックチェーン技術とは

インターネット以来の、革命的な技術と言われています。

ブロックと呼ばれる「取引の記録」を記載したデータを鎖のように繋いでいくので、ブロックチェーンと呼ばれています。

一方向にしか流れない(不可逆的な)1本の鎖で、全世界に公開されており、だれもが見ることが可能となっています。

 

ブロックは、一定時間(約10分)が過ぎると新しいブロックが生成され、また記録する、という作業を延々と繰り返します。新しいブロックには、「直前のブロックのデータを暗号化した値」が含まれ、つまりは今までの取引全てが含まれているということになります。

 

 

ブロックチェーンは改変などによって分岐してしまった場合が想定されていて、どんなときでも「一番長いブロックチェーンが正しい」という原則があります。ブロックの内容を改変して分岐しても、もとのチェーンより長くするということはほぼ不可能です。要するに、不正が起きなくなっています。

f:id:colitis1p_thie:20171225234538p:plain

ビットコインは、ハッキングされることも消滅することも現実的にありえません。革命的なブロックチェーンによって、国や銀行が管理しなくてもビットコインを信頼できるようになっています。

 

今後ブロックチェーン技術の応用により、新たな革新的な発明品が生まれるかもしれませんね!