驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の全て!特徴・評判など基本情報~今までの活動までの全てを徹底公開!|coin太郎のWowoo日記

驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の全て!特徴・評判など基本情報~今までの活動までの全てを徹底公開!|coin太郎のWowoo日記

 

皆さんは、驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」についてご存知でしょうか?

既に上場している仮想通貨なので、ご存知な方も多いかと思います。

今回は、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がどのような仮想通貨なのか?この記事を読めばすべて分かるように、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全てを徹底的に公開していきたいと思います。

 

 

 

 ※仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の最新情報が公開され次第追記していきます。2018/08/17現在

f:id:colitis1p_thie:20180509181717j:plain

驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とは?

 

まずは、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」とは何か?知らない方の為にも説明していきます。

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」はプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨の名称であり、そのプラットフォームがWowoo(WWB)プラットフォームです。

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」はシンガポールで開発されている仮想通貨で、

目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されてます。

「感動の可視化」を実現しようとしているWowoo(WWB)のプロジェクトは仮想通貨のブロックチェーンと非常に相性がいいと言われています。
その理由としては、Wowoo(WWB)が発行する仮想通貨には投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能だからです。
モナコインのようにわずかなコストで投げ銭を行うことができ、芸術や業績、作品といった経済的な価値をつけにくい分野においても感謝・感動の気持ちを伝えることが可能となります。
つまり、Wowoo(WWB)は人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることが可能なプラットフォームを目指しているのです。

 

 Wowoo公式サイトはこちら

wowoonet.com

Wowooホワイトペーパーはこちら

http://wowoonet.com/pdf/wp_wwb_e_v204.pdf

 

驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の主な特徴

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の主な特徴は、「特別決議機能」準備金制度」になります。

 

  • 「特別決議機能」

Wowoo(WWB)の準備金制度における特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、Wowbit(ワオビット)の保持者による投票で意思決定がされることです。
投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、Wowoo(WWB)は非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

 

  • 「準備金制度」

準備率(CR)は20%で、新規に仮想通貨Wowbit(ワオビット)が発行される際には、ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、Wowbit(ワオビット)の売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

 

驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」のロードマップ

f:id:colitis1p_thie:20180717112858j:plain

  • 2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:Wowooシステム開発
  • 2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」評判の注目ポイント

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」評判の注目ポイントは、大きく分けて次の3つとなります。

 

f:id:colitis1p_thie:20180717135023j:plainf:id:colitis1p_thie:20180717135039j:plain

  1. ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  2. 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  3. NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

仮想通貨の第一人者であるロジャー・バー氏がWowoo(WWB)の評議会に参加した際に、このプロジェクトを絶賛し、アドバイザーとして参画しました。

また、日本最大級のQ&Aサイトである「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブが子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしています。

さらに、ロジャー・バーだけでなく、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこのWowooのアドバイザーとして参画しています。

これらのポイントはとても注目するべき点です。

なぜ評判の注目ポイントなのか分かりやすく説明すると、

ロジャー・バー氏が参画したことでの仮想通貨としての信用度、大手企業のオウケイウェイブが出資している安心度、またNEOの創業者も参画したことで、アジア圏での優位性もあるのではないかということです。

評判になるのも納得ですね。 

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」詳細

この項目では仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の機能・発行枚数などの仮想通貨としての詳細を説明していきます。

 

f:id:colitis1p_thie:20180413174650j:plain

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」はイーサリアムをベースに作られ、スマートコントラクトを実装しています。

イーサリアムと違うところはWowbit(ワオビット)はマイニングが行われず、Wowoo(WWB)システムが発行枚数などを管理しています。

ただし、非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能(Wowoo(WWB)委員会の承認とWowbit(ワオビット)保有者の2/3の可決)によって決められます。

Wowoo(WWB)の運営がWowbit(ワオビット)の管理を行う一方で、Wowbit(ワオビット)保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

Wowbit(ワオビット)詳細

 

f:id:colitis1p_thie:20180413174620j:plain

  • 仮想通貨の名称:Wowbit(ワオビット)
  • 単位:WWB
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • ICO:2018年3月以降

 

 

 驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の今までの活動を徹底公開

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がこれまでどんな活動をしてきたのか?今までにあったニュースなどをまとめたのでご紹介していきます。

まとめなので、正直かなり長いです。読むのも大変だと思いますので項目だけ見ていただければ何があったか分かるようにしたので活用ください。

※翻訳文については、Google 翻訳のため文章がおかしい場合があります。

 

f:id:colitis1p_thie:20180509181759j:plain

 

最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ、仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、仮想通貨を同社が提供するサービス上で取り扱うこと、ならびにICOInitial Coin Offering)の実施に関する検討の過程において、今回金融庁に対し仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定した事を発表した。

 

引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

 

  • 2018年4月、WowBit(ワオビット)、近日配布と公式サイトより発表

プレトークンセールが12分で完売のWowBitトークン(WWB)、近日配布と公式サイトより発表
OKWAVEグループが出資するICOプロジェクト「Wowoo」の公式サイトより、WowBitトークン(WWB)が近日配布されることが発表された。

Wowooプロジェクトの評議会には、仮想通貨業界の第一人者ロジャー・バー氏、中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者でCEOのDa Hongfei氏などが参画しており、今後も注目のプロジェクトとなる。

公式発表の原文は以下

親愛なるWowooコミュニティ
ホワイトリストに登録されている人々にすぐにWowBitトークン(WWB)を配布する予定であることを発表することは、私たちの大きな特権です。
私たちはこれがWowooコミュニティにとってこの最初のステップになることに非常に興奮しています。
すぐに発表されるプラットフォームとエキサイティングなプロジェクトのさらなる発展を楽しみにしています!
Wowooチーム

引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

 

  • 2018年5月、WowBit(ワオビット)上場予定!

 

WowBit soon to be listed!
We are pleased to announce that out of 6 global exchanges that we are currently aiming to list our native token of Wowoo ecosystem, WowBit (WWB), we have officially received confirmation from one exchange that has great impact in the industry and will be listed shortly.

There will be a campaign held for new users joining the exchange service, and we should be able to announce further about it within few days!

As we receive numbers of contacts from different projects that wishes to join the blockchain industry, we believe it is important to secure high liquidity of WowBit in our ecosystem, so that we will be able to accelerate the community and support many projects that would change our society for the better.

Kindly look forward as we will keep our community updated about listing on other exchanges too.

Wowoo Team

 下記が翻訳文になります。

 

WowooエコシステムWowBit(WWB)のネイティブトークンを一覧表示することを現在目指している6つの世界的な取引所のうち、業界に大きな影響を及ぼしている確認書を正式に受け取りました。

新規ユーザーがExchangeサービスに参加するためのキャンペーンが開催され、数日以内詳細の発表を予定しています。

ブロックチェーン業界への参加を希望するさまざまなプロジェクトから連絡を受けているので、生態系にWowBitの高い流動性を確保することが重要であると考えています社会のために。

他の取引所の上場についてもコミュニティを最新の状態に保ち続けることを楽しみにしています。

Wowooチーム

 

f:id:colitis1p_thie:20180529164349j:plain

  • 2018年5月、BIT-Zに上場!

 

LISTING ON BIT-Z!!
It is our honour to announce that WWB token will make its first listing on Bit-Z (https://www.bit-z.com/) on May 15th, 2018!!
We deeply considered out of the 6 exchanges we had great discussion with, and have decided upon prioritising long term valuation of Bit-Z.

Bit-Z has a great potential in the industry, as having its fundamentals in Hong Kong, Beijing and in Singapore, it is one of the most trusted exchange among users of both Chinese and English speaking area. The exchange provides a very low charges for its users for trading, which is another reason why worldwide altcoin traders prefers this exchange.

We are currently under preparation of a token bonus campaign, which will be releasing as much as 400,000WWB and will be announcing the details soon, so we recommend users who have yet not registered to the exchange to kindly wait until we provide further announcement on the campaign.

Please do note that you cannot deposit your WWB tokens in the exchange yet, and this will only be after our next announcement regarding this topic. Also, please refrain from contacting our contact emails about how to sign up, trade, and manage, etc. of your Bit-Z account, as these questions can only be answered by the exchange themselves.

Warmest regards,

Wowoo Team

下記が翻訳文になります。

 

WowBitが2018年5月15日にBit-Z(https://www.bit-z.com/)で最初の上場を行うことを発表することは、私たちの名誉です!
我々は、6つの取引所の中で深く検討し、Bit-Zの長期的な評価を優先させることを決めました。

Bit-Zは、香港、北京、シンガポールでのファンダメンタルズを有することから、業界で大きな可能性を秘めています。これは、中国語と英語圏のユーザーの間で最も信頼できる交流の1つです。エクスチェンジは非常に低い取引費用をユーザに提供します。これは、世界中のアルケイントレーダーがこの取引を好むもう一つの理由です。

私たちは現在、400,000WWBをリリースする予定のトークンボーナスキャンペーンの準備中ですので、まだ詳細を発表する予定ではありませんので、取引所にまだ登録していないユーザーには、キャンペーン。

あなたのWowBitはまだ取引所に預けることができないことに注意してください。これはこのトピックに関する次の発表の後になります。また、Bit-Z口座の登録、貿易、管理などの方法については、お問い合わせメールにご連絡ください。

 

f:id:colitis1p_thie:20180717134821j:plain

  • 2018年6月、新規プロジェクト「Wowoo Entertainment」を予定

 

Wowoo Entertainment
We believe that one of the key trigger which will play an important role to permeate blockchain technology into our society is via entertainment.

“Entertainment” is directly linked to our human instincts, and has the power to gather people together. Often in this part of the culture, one’s differences are not criticised, and the important element exist there is not where interests lies or for the sake of convenience, but simply the enjoyment we feel.

As blockchain being a technology of not only an extension of convenience but also involving philosophy of trust and consensus, it would require our society itself to change to accept them. Therefore, we’ve been discussing several ways which would allow us to interact with and start to accept the technology more casually since we started our project, and entertainment sector was one industry we decided to put effort in.

As we’ve already succeeded in supporting the release of a TV series which were broadcasted in Asia and recorded nearly 1 million viewers, which involved a scene of sending tokens to show gratitude via online media, we are planning to take our activity further to release “Wowoo Entertainment” project.

Apart from supporting ICO projects interacting with some major contents of entertainment, such as Food, sports, travels, etc., we are currently planning to set up our own brand project to support the movie/media industry. We are on final adjustment with a major production company representatives to release world-class movie contents.

Please look forward to the further announcements on the project.

引用元:Wowoo公式サイト

下記が翻訳文になります。

 

私たちはブロックチェーン技術を社会に浸透させるために重要な役割を果たす重要な引き金の一つがエンターテイメントを介していると考えています。

「エンタテインメント」は人間の本能に直接つながり、人々を集める力を持っています。文化のこの部分では、しばしば批判されず、利害が存在する場所や利便性のために重要な要素が存在しますが、単に私たちが感じる楽しさです。

ブロックチェーンは、利便性の拡張だけでなく、信頼とコンセンサスの哲学を伴う技術であるため、社会自体を受け入れて変更する必要があります。したがって、私たちは私たちが対話し、より気軽に、我々は我々のプロジェクトを開始し、エンターテインメント部門は我々が努力を置くことを決めた1つの業界だったので、技術の受け入れを開始できるようになるいくつかの方法を議論してきた。

我々はすでに成功してきたようにアジアで放送されたテレビシリーズのリリースを支援し、オンラインメディアを通じて感謝の念を表するトークンを送っている約100万人の視聴者を記録し、さらに「Wowoo Entertainment」プロジェクトをリリースする予定です。

食品、スポーツ、旅行などの主要なエンターテインメントコンテンツと相互作用するICOプロジェクトを支援することを別にして、現在映画/メディア業界をサポートする独自のブランドプロジェクトを立ち上げる予定です。我々は、世界的な映画コンテンツをリリースする大手制作会社の代表者との最終的な調整を行っている。

プロジェクトに関する今後のお知らせをお待ちしております。

 

Attending Global Blockchain Summit 2018
Fujimaru Nichols, the CEO of Wowoo Pte. Ltd. will be speaking at Global Blockchain Summit 2018 Manila on June 24th.

There will be presence of Politicians from different countries, including President Rodrigo Duterte of the Philippines, a large number of internationally renowned experts and scholars, and hundreds of industry leaders at the summit to promote the blockchain technology better in the global landing.

As Wowoo is already in course of setting up a 2nd subsidiary company in the Philippines, we believe it will be a great opportunity to expand our connections with the local government and exchange
ideas in order to scale the blockchain opportunities within one of the most growing country in Asia.

http://1hw.com

下記が翻訳文になります。 


Wowoo PteのCEO、Fujimaru Nichols Ltd.は、6月24日にマニラのGlobal Blockchain Summit 2018マニラで講演を行います。

フィリピンのロドリゴ・デューテット大統領、国際的に有名な多くの専門家と学者、そしてサミットでは世界的な着陸でのブロックチェーン技術の向上を促進する何百人もの業界リーダーの存在など、各国の政治家の存在があります。

すでにWowooはフィリピンに第2の子会社を設立しているため、地方政府との関係を拡大し
、最も成長している国のブロックチェーンの機会を拡大するためのアイデアを交換する絶好の機会になると考えていますアジアで。

http://1hw.com

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180717135251j:plain

  • 2018年6月、Bitcoin.comによるパートナーシップ

Partnertnership with Bitcoin.com
It is our honour to announce that Wowoo Platform and Bitcoin.com are making strategic partnerships to study and contribute further to the blockchain space together.

As a first step of our partnership, we are planning to run an airdrop campaign on both sides of the website in the near future. We both believe that it is important to spread the essence of the blockchain technology to wider range of people, mainly towards those who are not yet involved in the industry. The airdrop will be targeting new users who are willing to step in to this field, and in return earn the most valid payment solution, Bitcoin Cash (BCH), and the native token of Wowoo project, Wowbit (WWB), to start their new journey in the coming society.

Furthermore, we will be working on the future implementation of Bitcoin Cash (BCH) as a mode of payment to use Wowoo Platform, which the beta version are scheduled to be released this coming summer, and full version next year. We will also consider varieties of collaboration of BCH and coming Wowoo projects.

As we as Wowoo aims to welcome inspiring and socially-appreciated projects in the blockchain space to increase more live use cases, we have already made over 10 project contracts, which mostly involves well known entities or services worldwide and are prospected to bring in large number of people in the space.

We are confident that BCH and WWB will have a great synergy in not only these coming Wowoo projects, but also the space in general to open up new possibilities to seize a new way of society for the people.

Below is a comment from Roger Ver, the CEO of Bitcoin.com of this partnership:

"Bitcoin.com is happy to partner with Wowoo Pte. Ltd., and I believe partnership between bitcoin cash and Wowoo platforms will be a new milestone in the crypto space."

WEB: Bitcoin.com

 下記が翻訳文になります。 

 

Wowoo PlatformとBitcoin.comが戦略的パートナーシップを組んで、ブロックチェーンの空間をさらに研究し、貢献することを発表することは、私たちの名誉です。

パートナーシップの第一歩として、近い将来、ウェブサイトの両サイドでエアドロップキャンペーンを実施する予定です。私たちは、ブロックチェーン技術の本質を、業界にまだ関与していない人々を中心に、より広範な人々に広めることが重要だと考えています。飛行機は、この分野に参入し、最も有効な支払いソリューションであるBitcoin Cash(BCH)とWowooプロジェクトのネイティブトークンであるWowbit(WWB)を獲得する新しいユーザーをターゲットにして新しい来るべき社会の旅。

さらに、来年夏にベータ版がリリースされる予定のWowoo Platformと、来年フルバージョンを使用するための支払い方法としてBitcoin Cash(BCH)の将来の実装に取り組む予定です。また、BCHと今後のWowooプロジェクトのコラボレーションについて検討します。

Wowooは、ライブユースケースを増やすために、ブロックチェーン空間で魅力的で社会的に評価されたプロジェクトを歓迎することを目指しているため、すでに10以上のプロジェクト契約を締結しています。宇宙の人々の

私たちは、BCHとWWBがこれらの来るWowooプロジェクトだけでなく、人々のために新しい社会を奪うための新しい可能性を開拓するための一般的なスペースにも大きな相乗効果をもたらすと確信しています。

以下は、Bitcoin.comのCEOであるRoger Verのコメントです。

「Bitcoin.comはWowoo Pte。Ltd.と提携してうれしく、Bitcoin現金とWowooプラットフォームのパートナーシップは、暗号スペース。

WEB:Bitcoin.com

 

 驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の上場先取引所情報

 

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の上場先である取引所「BIT-Z」について紹介していきます。

 

f:id:colitis1p_thie:20180717134931j:plain

BIT-Z特徴
  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • アプリ:iOS版、Android

Bit-Zは2016年に開設された、香港、北京、シンガポールを拠点する中華系の取引所ですが、会社名、代表者などの情報は一切不明のようです。

 

 

 驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」まとめ

f:id:colitis1p_thie:20180516120704j:plain

まず長々とお付き合いいただきありがとうございます。 

 今回は 驚愕の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の全てについて紹介していきました。

この記事を見れば仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」のことが分かるように書いたので長文になってしまいましたが、ここまで読んでいただいた方には仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がどんな仮想通貨なのか理解していただけたかと思います。

仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」は、既に上場しており、あのロジャー・バーが参画、「OKWAVE」が出資、など期待できる仮想通貨です。

今からでも遅くないので仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」に注目しておきましょう!

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判のミートアップを開催!上場はいつ?最新情報まとめ|coin太郎のCripte日記

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判のミートアップを開催!上場はいつ?最新情報まとめ|coin太郎のCripte日記

 

今回は、驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判のミートアップを開催するとの発表や、上場はいつなのかなど気になる情報を紹介していきます。

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101054j:plain

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」概要

 

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

ASOBI COIN(アソビコイン)ホワイトペーパーはこちら

https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf

詳しくはこちら

cripte-coin.hatenablog.com

 

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアップその他、注意事項

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップでの注意点は下記のとおりです。

 

  • 領収書の発行はしておりません。
  • イベントの内容や登壇者は予告なく変更する場合がございます。
  • イベント当日にカメラ撮影が入る場合、メディアに掲載される可能性があります。
  • イベント当日のキャンセルは、やむを得ない場合を除きお控え下さい。
  • 体調不調、その他都合が悪くなりイベントに参加できなくなった場合、速やかにキャンセル処理をお願いします。
  • 参加者に対する迷惑行為、イベント進行の妨げになる行為は禁止とさせて頂きます。
  • ネットワーキングビジネスや宗教など勧誘目的の方の参加はご遠慮願います。
  • その他、主催者の判断で不適切だと判断した場合は、ご参加のお断り或いはご退席して頂く場合がございます。
  • 個人情報の取り扱いについて。 会場受付で頂く名刺或いはご記入頂く個人情報については、主催者であるASOBI COINが管理させて頂きます。今後ASOBI COINが開催するイベントのご案内の配信先として利用させていただき、その他の第三者には一切提供いたしません。個人情報に関する照会や、訂正、追加または削除については、お客さまご本人から下記お問い合わせ先に別途ご連絡いただくことにより、対応させていただきます。 担当:池田、三井 E-mail: support_ja@asobimo.io

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアッププログラム

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップのプログラムは下記のとおりになります。

f:id:colitis1p_thie:20180730101135j:plain


時間:プログラム

  • 18:30~19:00:開場/受付
  • 19:00~19:10:ASOBI COIN代表近藤のあいさつ
  • 19:10~19:40:ASOBI COINの進捗と展望
  • 19:40~20:40:懇親会

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアップ特徴


「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップはどのようなイベントなのか?特徴や概要などを紹介していきます。

特徴や概要については公式HPより発表されていたので下記をご覧ください。

 

日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

プレセール2早期終了の感謝とASOBI COINをもっとよく知っていただく為に、Meetupを開催させていただくこととなりました。ASOBI COINの進捗と展望についてお話させていただきます。

※今回はASOBI COIN保有者限定で開催させていただきます。

プロジェクトメンバーや参加者同士の交流をはかる為、アルコール類やお食事などをご準備させていただきます。

また、ご来場いただいた方限定でエアドロップを予定しております。

 

引用元:ASOBI COIN公式サイト


驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアップ開催日

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101354j:plain

開催概要

  • 日時:8月10日(金)19:00~21:00(開場:18:30)
  • 場所:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル4階※19時以降はビル右手のスロープから駐車場に入り、エレベータで4階までお越しください。
  • 主催:ASOBI COIN
  • 参加費:無料
  • 特典:来場者全員にエアドロップを予定しております。

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」上場はいつ?

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」上場はいつなのか、まだ発表されていないので情報があり次第書いていきます。

 

 

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101054j:plain

今回は、驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判のミートアップを開催するとの発表や、上場はいつなのかなど気になる情報を紹介していきました。

ミートアップでは、仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の進捗や今後の展望について話されるようです。

また、来場者に限定でエアドロップを予定しており、プロジェクトメンバーや参加者同士の交流会も兼ねているようです。

気になる方は「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップに参加してみてはいかがでしょうか?

上場についてはまだ発表されていませんが今後も驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」から目が離せませんね!

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」更なる評判のメンバーを徹底紹介!|coin太郎のCripte日記

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」更なる評判のメンバーを徹底紹介!|coin太郎のCripte日記

 

 

 

今回は、人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の更なる評判のメンバーを徹底紹介していきます。

 

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180730105553j:plain

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」概要

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

詳しくはこちら

cripte-coin.hatenablog.com

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」評判のCEO「Sony Suzuki」

 

まずはICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のCEO「Sony Suzuki」氏について紹介していきます。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730105144j:plain

Sony Suzuki
Founder & CEO


Sony Suzuki氏は、フォーチュン500/ワールド1000企業戦略家として非常に高く評価されており、また受賞歴を持つシリコンバレーの技術者、個人での証券引受業者、さらにはハリウッドでの映画及びTVプロデューサーでもある。また元IBMのエグゼクティブとして、最先端の大規模なデジタル技術及び最大で500万USドルのプロジェクトの提供を、NHKSONY、ワーナーブラザーズ、ディスカバリー、ディズニー、BBC、CNN、ユナイテッド航空みずほ銀行ニューヨークタイムズ・デジタル、ビジネスウィークリー、SBS、CBSCCTV オリンピック2006、クアルコムプレイステーション3コカ・コーラ東芝、三菱、日産、TOYOTAPanasonicルノーアメリカ国防情報局、さらには日本国内での取引所など、多く行った。同氏は現在、個人としてグローバル・シンクタンク顧問を務めており、その対象はアジア圏内の有名な政府機関、一流企業、財閥、大学、NPO、銀行及び金融機関、そして超富裕層と幅広い。また、UCLAの学士、ロヨラ・メリーマウント大学のMBAハーバード大学のエグゼクティブMBA、更にはIBMグローバル・インスティテュート及びMITからの様々な技術的な認定書、そしてジョージ・ワシントン大学のPMIを保有している。

 

Sony is a highly acclaimed
Fortune 500/world 1000
Corporate Strategist,
award-winning Silicon
Valley technologist and private investment
banker. A man of many talents and pursuits,
he is also a Hollywood film & TV producer.
As a former IBM executive, he has personally
consulted, designed and managed the
delivery of cutting edge large-scale digital
technology and projects valued up to $500M
USD for NHK, SONY, Warner Brothers,
Discovery, Disney, BBC, CNN, United Airline,
Nikkei Exchange, Mizhuho Bank, NTT, New
York Times Digital, Business Weekly, SBS,
CBS, CCTV 2006 Olympics, QUALCOMM,
PlayStation 3, Coca Cola, Toshiba, Mitsubishi,
Nissan, Toyota, Panasonic, Renault, defense &

intelligence agencies and many more.
He is currently a highly private global
think- tank advisor to several well-known
government agencies, 1st tier corporations
& conglomerates, universities, NPOs, banks
& financial institutions and ultra high networth
individuals and families in Asia. He
holds a BA from UCLA, MBA from Loyola
Marymount, EMBA from Harvard University
as well as various technical certifications
from IBM Global Institutes and MIT, and PMI
from George Washington University.

 

 

 


人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」評判のCOO「Devin Narula」


ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のCOO「Devin Narula」氏についてこの項目では紹介していきます。

 

f:id:colitis1p_thie:20180817104528j:plain

Devin Narula
Co-Founder & COO


Devin Narula 氏は、ウェスティンなどの五つ星級ホテルの開発で大成功した家庭環境を背景に、2009年より、投資斡旋会社のCEO及びタイのセンチュリー21の社長を務めている。同氏は1回の取引に付き二億ドルを超える大規模な金融取引、富裕層向けの不動産プロジェクト、スポーツ・マネジメントを、世界規模で専門に扱っている。同氏の会社は、KSCCシステム(韓国のスマートカードシステム)を考案し、またタイとインドで広く知られている大規模な政府のビジネス基盤を処理するためのCTCシステムの実施に成功している。米国バリー大学卒。


With a highly successful
family background
extending to top tier 5-star
hotel developments such
as Westin, Holiday Inn and more, Devin is the
CEO of an investment placement company
and also President of Century 21 Franchise
in Thailand since 2009. He specializes in
managing large scale financial transactions,
high-end real estate projects, and sports
management totaling over 100million dollars
per tranche globally.
As an advisor, he also represents KSCC
System (Korean Smart Card System)
and their widely recognized Common
Ticketing Collection System (CTCS) in
Thailand and India. Here, his responsibilities
include digitizing the company’s massive
government infrastructure business and Giga
Internet - the world’s first internet relaying
system that tunes up normal, non-fibre optic
speeds to 1Gbps. Devin is a graduate from
Barry University USA.

 

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

f:id:colitis1p_thie:20180730105110j:plain


今回は、人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の更なる評判のメンバーを徹底紹介していきました。

CEO「Sony Suzuki」氏は、ディズニー、NHKSONY、ワーナーブラザーズ、コカ・コーラ東芝、三菱、日産、など数多くの有名な大企業にプロジェクト提供しており、ジョージ・ワシントン大学のPMIを保有しています。

また、COO「Devin Narula」氏は、投資斡旋会社のCEO及びタイのセンチュリー21の社長を務めている方です。

これだけ凄いメンバーが揃っているので信頼度が高いICOだと思います。

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」は今回紹介したメンバー以外にもまだまだ注目のメンバーが参加しているので次回紹介していきます。

今後も人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」に注目しておきましょう!

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判だったプレセールを再度開催!|coin太郎のCripte日記

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判だったプレセールを再度開催!|coin太郎のCripte日記


今回は、驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判だったプレセールを再度開催したとの発表がありましたので徹底的に紹介していきます。

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101054j:plain

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

ASOBI COIN(アソビコイン)ホワイトペーパーはこちら

https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf

 詳しくはこちら

cripte-coin.hatenablog.com

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」プレセール情報

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判だったプレセールを再度開催したと公式サイトより発表がありましたので紹介していきます。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101354j:plain


「ASOBI COIN」のプレセールSTAGE2スケジュール
  • 2018/7/27

開始日(JST):2018/7/27 15:00

終了日(JST):2018/7/29 14:59

期間 :48 hours

ボーナス:24%+5%

  • 2018/7/29

開始日(JST):2018/7/29 15:00

終了日(JST):2018/7/31 14:59

期間 :48 hours

ボーナス:24%+3%

  • 2018/7/31

開始日(JST):2018/7/31 15:00

終了日(JST):2018/8/2  14:59

期間 :48 hours

ボーナス:24%

 

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤克紀)は、2018年7月27日15時(JST)より、デジタルコンテンツの保護・流通プラットフォーム「ASOBI COIN」のプレセールSTAGE2を開始しました。


2018年7月27日15時00分~2018年8月2日14時59分(JST)の予定でASOBI COINのプレセールSTAGE2を開催します。先日行われたプレセールSTAGE1は好評に付き早期に完売し、予定を前倒して終了しました。プレセールSTAGE2においても、売り切れの場合は予定より早期に終了しますのであらかじめご了承ください。

 

引用元:ASOBI COIN公式サイト

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」プラットフォームについて

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」が実現を目指しているプラットフォーム「ASOBI MARKET」について説明していきます。

 

f:id:colitis1p_thie:20180802123401j:plain

「ASOBI COIN」は、アソビモ株式会社が開発を進めるブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツの保護・流通を実現するプラットフォーム「ASOBI MARKET」(国際特許出願中:PCT/JP2018/16657)を実現するプロジェクトです。ゲームアイテム、ソフトウェア、電子書籍、音楽、動画、電子チケットなどのデジタルコンテンツの二次流通(中古流通)を実現します。


現在のDRM(デジタルライツマネジメント)に代わる、ブロックチェーンを利用したデジタルコンテンツの所有権を明確にする「分散型セキュリティシステム(DSS)」(国際特許出願中:PCT/JP2018/25247)を開発し、同人活動でも利用でき、エンジニア不要で簡単にセキュリティを実装できるプラットフォームを提供する予定。

アソビモ株式会社の独自技術「DSS」によって、昨今海賊版サイトなどで問題になっている“権利者を無視してデジタルコンテンツが複製・配布される問題”を解決し、さらに、二次流通(中古流通)市場の課題である“パブリッシャーへの収益還元”を実現します。


ASOBI COINは、対応するアソビモゲーム内で2倍相当の価値で使えるようになり、また、ASOBI COINは、ASOBI MARKETのデジタルコンテンツを売買するためのコインとして使えるようになります。

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101054j:plain

今回は、驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が評判だったプレセールを再度開催したとの発表がありましたので紹介していきました。

今回開催されるのは、プレセールSTAGE2で、先日行われたプレセールSTAGE1は好評判のため早期に完売し、予定を前倒して終了しました。

「ASOBI COIN」のプレセールSTAGE2も評判が良いので完売する可能性が高いです!なので欲しい方は早めに購入しておきましょう。

今後も驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」から目が離せませんね!

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」評判のCTOのインタビュー紹介!|coin太郎のCripte日記

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」評判のCTOのインタビュー紹介!|coin太郎のCripte日記

 

今回は、人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTOがベンチャータイムスよりインタビューを受けていたのでご紹介していきます。

 

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180730105553j:plain

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?ホワイトペーパー概要

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

 詳しくはこちら

 

cripte-coin.hatenablog.com

 


人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」CTO紹介

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTOを務めるVarin氏をご紹介します。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730105416j:plain

Varin Narula
Founder & CTO, The Author of Whitepaper

 

Varin Narula氏は、世界最高とも言える数学と物理学のスコアと共に、若い時からアジアで高く評価されてきた天才プロテーゼ(被保護者)の一人である。

 

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」最新情報

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTO「Varin氏」が「hashberry(ハッシュベリー)が誕生した理由」などベンチャータイムスよりインタビューを受けていたので一部を引用して紹介していきます。

 

  • 取引からマイニングまで、AIを活用した複合型自動取引プラットフォームHasyberryのCTOが語る仮想通貨の未来とは?

f:id:colitis1p_thie:20180802122303j:plain

Hashberryが誕生した理由とは


ベンチャータイムス】:ハッシュベリープロジェクトはいつ誕生したのでしょうか?

【Varin氏】:
ハッシュベリーは、CEOのSonyと話をしている中で思いつきました。ブロックチェーンとAIを掛け合わせて、何かできることがあるのではないかというところからブレインストーミングを行い、いくつもプロトタイプを作成し、試行錯誤を繰り返しました。

ベンチャータイムス】:ハッシュベリープロジェクトを始めた理由は何でしょうか?

【Varin氏】:
実際に取引所で仮想通貨をトレードしていた際に思ったこととして、自動で運用できれば効率もいいしそれで利益も出れば多くの人に受け入れられると思ったのです。また、当時からSonyとも自動運用ロボットを作れないかという話をしていて、自動取引を試した時に可能性を感じたのが発端です。

 

Hashberryが生み出したいAI×ブロックチェーンの技術とは

 

ベンチャータイムス】:AIとブロックチェーンを掛け合わせて、どのようなソリューションを生み出そうとしているのですか?

【Varin氏】:
AIは現在主流の技術となっています。おそらくこれからAIは様々なニーズにマッチすると考えています。ただ、私たちの場合はそれをシンプルな形に落とし込み、誰もが簡単に使用できるようにしたいと考えています。
最初に作るトレードロボットは単純ですが、データが蓄積されることで賢くなります。現状はシンプルなロボットで十分で、私の指示に従って全ての仮想通貨取引所でプライスチャートを比較し、同時に売り買いができれば良いです。
そういったロボットを制作することが最初のステップとなり、賢いトレードロボットへと成長させます。
第二ステップでは、トレードロボットを使用してデータの収集を行い、学習させます。そうすることでロボット自体が、どの取引所でどのように仮想通貨を取引するのか自分で判断することができるようになるのです。

ベンチャータイムス】:それはつまりディープラーニングのようなものですよね?

【Varin氏】:そうです。ブロックチェーン上で取引所のデータを回収し、学ばせることができます。

 

Hash berryが解決する未来とは

 

ベンチャータイムス】:Hashberryプロジェクトで一番重要なことは何でしょうか?ハッシュベリーで提供したいソリューションとは?

【Varin氏】:
トレードは一種のマネーゲームだと考えています。なぜなら取引する人達の動機はお金ですよね。ですから私たちはハッシュベリーを作り、人々はハッシュベリーに投資し、ハッシュベリーを使用します。なぜならお金が欲しいからです。

だだ、本当に私たちが目指しているところは新たなマイクロペイメントの枠組みを作ることです。人々が水や10円単位のものでもブロックチェーン上で支払うことができるようにしたいのです。

例えば、今コンビニに行ってペットボトルの水を購入しようとしてビットコインを使用するのはナンセンスですよね。なぜなら送金手数料が水の購入額よりも高くなってしまいますから。

私たちはもっと現実世界に寄り添った形の開発を行い、コミュニティーが必要としているマイクロペイメントを提供したいと考えています。トレードロボットはその目標を達成するためのサポート材料になります。

ベンチャータイムス】:マイクロペイメントとトレードロボットでは、取り組む対象が大きく違いますね?

【Varin氏】:
トレードロボットのゴールは、オープンソースSDKキッドを作成することで、それが作成できてしまえば、コミュニティーがそれを活用することで自動的に成長していくはずです。そうなれば、トレードロボットの開発に使う時間を減らし、次のステップとしてハッシュベリーペイに移ることができます。

 

Hashberryのもう一つの事業であるペイメントソリューション

 

ベンチャータイムス】:マイクロペイメントはハッシュベリーのプロジェクトの一つですか?

【Varin氏】:
マイクロペイメントもハッシュベリーのプロジェクトの一つです。ホワイトペーパーにも記載されていますが、「ハッシュベリーペイ」という名前です。

ベンチャータイムス】:なるほど。ただ、マイクロペイメントの市場もトレードロボットの市場も、いずれも多くの競合がいると思いますが、ハッシュベリーはどの部分が優れいているのでしょうか?

【Varin氏】:
ハッシュベリーペイについて言うと、ハッシュベリーペイには日本に非常に強力なマーケティングチームがおり、日本での提携先や協力企業を繋いでくれます。

最初のステップとして、ハッシュベリーのチェーンを構築し、取引を独自チェーンで行えるようにする必要があります。その後、ブロックチェーンを活用したソリューションを提供できるようにする必要がありますね。

トレードロボットに関しては、まず多くのトレードロボットは価格や他の取引所との相違点等、シンプルな部分しか確認しません。しかし私たちはより多くの項目を確認します。

そして、我々はSDKも提供しています。例えばアービトラージは多くのテクニックが存在しますよね。そういったテクニックはSDKを使えばカバーできます。
金融の世界では多くのエンジニアやトレーダーが存在しますが、仮想通貨市場にはあまり進出されていません。なぜなら彼らが使えるツールを搭載したプラットフォームがないからです。ですから私たちはオープンソースSDKプラットフォームを作成し、既存の金融トレーダーが簡単に仮想通貨市場に参入できるようにしたいのです。

ベンチャータイムス】:現時点ではどの競合もオープンソースSDKは開発していないのですか?

【Varin氏】:現時点では見たことがないですね。特にトレードロボットでは見たことがないです。

 

仮想通貨を誰でも使える様にするHashberry Payが目指すものとは

 

ベンチャータイムス】:ここで一旦マイクロペイメントに話を戻したいのですが、オフチェーンの開発はすでに終了していますか?

【Varin氏】:
今のところ総力を挙げてオンチェーンの開発に取り組んでいます。全ての人はマイクロペイメントをオンチェーンで行うことを望んでいますから。

ベンチャータイムス】:
技術的な話ですが、ライトニングネットワークはオフチェーンソリューションだと言われます。ハッシュベリーペイではビットコインのようにオンチェーンで送金することが可能なのですか?

【Varin氏】:
個人的には、ライトニングネットワークでさえマイクロペイメントに適しているとは思いません。なぜならライトニングネットワークを使用したとしても、100円、50円、10円と行った送金手数料が必要になりますからね。

ビットコインで送金を行おうとした場合、1,000円~1,500円といった手数料が発生します。もし彼らが送金手数料を100円に下げられたとしてもマイクロペイメントにとってはまだ高額です。ですから、例えば水を買うときは1円以下の送金手数料に抑えなければならないでしょう。

現代世界には銀行のアカウントが作れず、1日に2ドル程度で生活している人が大勢います。そういう人々が仮想通貨を使用して、たった10セントでも手数料を支払わなければならないのであれば大きな問題です。だからこそ、全ての人が使えるという意味では、マイクロペイメントで無料に近い手数料を実現しなければならないのです。

ベンチャータイムス】:マイクロペイメントを実現する上で、ブロックチェーン上で実現するには、おそらくブロックサイズを上げる等のプロトコルの変更が必要だと思いますが、ハッシュベリー独自のブロックチェーンを開発するご予定ですか?

【Varin氏】:はい。新しいブロックチェーンを作ることも考えています。

ベンチャータイムス】:最初にオフチェーンでビットコインイーサリアムのマイクロペイメントを研究し、その後に新たなブロックチェーンを構築するということですね?

【Varin氏】:そうです。例えばハッシュベリートークンはERC20に準拠されたものですが、我々の独自ブロックチェーンがローンチされたら、そちらに移行するようにできます。

 

引用元:ベンチャータイムス

インタビューをすべて見たい方は下記からご覧ください。

venturetimes.jp

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

f:id:colitis1p_thie:20180730105110j:plain


今回は、人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTO「Varin氏」がベンチャータイムスより「hashberry(ハッシュベリー)が誕生した理由」などインタビューを受けていたのでご紹介していきました。

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」は「実際に取引所で仮想通貨をトレードしていた際に思ったこととして、自動で運用できれば効率もいいしそれで利益も出れば多くの人に受け入れられると思った」のがhashberry(ハッシュベリー)の始まりのようです。

Varin氏は、世界最高とも言える数学と物理学のスコアと共に、若い時からアジアで高く評価されてきた天才で、今後は、新しく独自のブロックチェーンの開発も視野に入れているそうです。

今後もICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」に注目しておきましょう!

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?評判の情報やホワイトペーパー情報などを詳しく紹介!|coin太郎のCripte日記

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?評判の情報やホワイトペーパー情報などを詳しく紹介!|coin太郎のCripte日記


今回は、人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは何か?評判の情報やホワイトペーパー情報などを詳しく紹介していきます。

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180730105110j:plain


人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?ホワイトペーパー概要


仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

hashberry(ハッシュベリー)の公式サイトはこちら

hashberry.io

hashberry(ハッシュベリー)のホワイトペーパーはこちら

https://hashberry.io/Hashberry_Whitepaper_0600718.pdf

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」特徴


hashberry(ハッシュベリー)の主な特徴は、AI(人工知能)が「トレード」と「マイニング」を最適な状態で運用するという点です。
また、「トレード」や「マイニング」など特徴のある機能をたくさん備えているのでまずはそちらについて説明していきます。

AIトレード

トレードは、主に以下の特徴があります。

この中でも、注目すべき特徴は、アービトラージをAIロボットが実施してくれるという点です。
アービトラージ裁定取引)は、取引所の同じ通貨の価格差で、利益を生み出す投資方法ですが、仮想通貨の価格は、ミリ秒単位で変動していますので、取引所を跨いだ仮想通貨取引を、人が100%管理するのはほぼ不可能です。
hashberry(ハッシュベリー)は、これをAIロボットが行うことによって、効率的・安全に取引させることができるということです。
また、複数の取引所にAIロボットを設置し、設置したAIロボットたちを管理するAIロボットを設けることにより、スケーリング(規模拡張)にも充分に耐えられ、複数のアービトラージを最適な形で実行できる構成になっています。

さらに、取引所によって異なる条件に細かく対応するため、ソフトウェア開発キット(SDK)を提供し、カスタマイズを実施することが可能です。
通常では、複数の取引所を跨いだサービスを展開しようとすると、各取引所への個別の対応が必要になりますが、SDKが取引所と開発者の架け橋的な役割を担うため、開発者はhashberry(ハッシュベリー)のSDK開発のみに集中できます。
開発者にとっては、とても開発しやすい環境だと言えます。


AIマイニング

hashberry(ハッシュベリー)のマイニングの特徴は、収益性が高いと予想された通貨のマイニングをAIが選択・実行することが可能という点です。

また、ハッシュベリーは、たくさんの仮想通貨のマイニングプールの開発も行っており、マイニングに少額から参加できるような環境を作り上げようとしていますが、AIは、その仮想通貨の中から最適な通貨を選択してマイニングをすることが可能です。

また、ユーザーが所持している仮想通貨のマイニングの権利を他の人に売却できるのも一つの特徴です。
※売買では、HBY COIN(HBY コイン)を使用。

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」チームメンバー


hashberry(ハッシュベリー)の開発チームは数多くの有力なメンバーが集い開発されていますが、その中でも注目のメンバーを一部紹介していきます。

f:id:colitis1p_thie:20180730105144j:plain

Sony Suzuki
Founder & CEO

Sony Suzuki氏は、フォーチュン500/ワールド1000企業戦略家として非常に高く評価されており、また受賞歴を持つシリコンバレーの技術者、個人での証券引受業者、さらにはハリウッドでの映画及びTVプロデューサーでもある。また元IBMのエグゼクティブとして、最先端の大規模なデジタル技術及び最大で500万USドルのプロジェクトの提供を、NHKSONY、ワーナーブラザーズ、ディスカバリー、ディズニー、BBC、CNN、ユナイテッド航空みずほ銀行ニューヨークタイムズ・デジタル、ビジネスウィークリー、SBS、CBSCCTV オリンピック2006、クアルコムプレイステーション3コカ・コーラ東芝、三菱、日産、TOYOTAPanasonicルノーアメリカ国防情報局、さらには日本国内での取引所など、数多く行いました。

f:id:colitis1p_thie:20180730105416j:plain

Varin Narula
Founder & CTO, The Author of Whitepaper

Varin Narula氏は、世界最高とも言える数学と物理学のスコアと共に、若い時からアジアで高く評価されてきた天才プロテーゼ(被保護者)の一人である。

更にアドバイザーには、Jim Nisshing 氏という、アメリカ合衆国ワシントン州の弁護士も参画されています。


人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」通貨詳細

 

hashberry(ハッシュベリー)の通貨「HBY COIN(HBY コイン)」について説明していきます。

HBY COIN(HBY コイン)の説明

f:id:colitis1p_thie:20180730105445j:plain


hashberry(ハッシュベリー)プロジェクトで発行される通貨は、「HBY COIN(HBY コイン)」です。

  • 記号:HBY
  • トークンの総供給量:8億(トークン)
  • プレセールのハードキャップ(供給上限):2千7百
  • パブリックセールのハードキャップ:2億3千4百
  • 当初価格:1HBY=$0.3
  • タイプ:ERC-20

 


人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」最大の特徴とは?


hashberry(ハッシュベリー)は、AIトレードとAIマイニング単独でも、強力な特徴を備えていますが、最大といえる特徴は、「トレードとマイニングの最適化」にあります。

例を挙げると、AIトレードのロボットが、過去の傾向から、イーサリアムが今後上がるのではないか?と予測したとします。
すると、AIマイニングのロボットは、手数料などを考慮しながら、最良のマイニング対象の通貨を選び、それがイーサリアムだった場合は、イーサリアムのマイニングを予めしておき、イーサリアムの価格が上がった際に、AIトレードのロボットが売却するという仕組みです。

上記のように、hashberry(ハッシュベリー)のAIは「トレード専用」「マイニング専用」という単体活用ではなく、仮想通貨の資産運用を一貫性を持って、最適化してくれます。

 

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」注目の機能


hashberry(ハッシュベリー)は、トレードとマイニング以外にも、様々な機能を備えています。


インフラストラクチャー

3年以上の経験を持つチームが、最適なハードウェア設計を実施しており、そのお陰で、マイニングプールやその他システムの寿命を伸ばしたり、「再起動やシャットダウンのタイミングも気にする必要が無い」など、安定した環境を確保することが可能となります。
また、マイニングの収益性の限界を押し上げるべく、日々、新技術についても模索・検討を繰り返しているそうです。


グリーンエネルギー

電力消費の増加は、仮想通貨事業を行うためには、必要不可欠ですが、hashberry(ハッシュベリー)では、移動可能なマイニング施設を使用し、グリーンエネルギーの効率的な仕組みを作成しています。

hashberry PAY(ハッシュベリーペイ)とLight Wallet(ライトウォレット)

hashberry(ハッシュベリー)は「ハッシュベリーペイ」というマイクロペイメントを行うための決済方法も提供予定で、支払いが終わった後、即法定通貨に変換し、手数料などを引いた金額を受け取れるなど、支払いを受ける側からすると、仮想通貨の懸念点であるボラティリティ(価格変動)の影響を最低限まで抑えることが可能になります。
また、簡単にイーサリアムベースの通貨を交換することが可能な「ライトウォレット」というウォレットも開発予定で、マイニング関連の購入も「ライトウォレット」で簡単に行えるようにしたいそうです。
また、HBY COIN(HBY コイン)の価値をさらに高めることとして、HBY COIN(HBY コイン)を使って商品・サービス代金を支払ったユーザーは、その購入した商品・サービスに対して少額のキャッシュバックをHBY COIN(HBY コイン)で受け取ることができます。

 

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ロードマップ

hashberry(ハッシュベリー)ロードマップ

 

今後のロードマップについては、2018年中に、一通り開発が完了、2019年の4月に運用開始予定のようです。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730105506j:plain

人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ホワイトペーパーまとめ

f:id:colitis1p_thie:20180730105553j:plain

今回は、人工知能を利用した驚愕のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」について評判の情報やホワイトペーパー情報などを詳しく紹介していきました。
hashberry(ハッシュベリー)は、今までのICOには無い、「AI(人工知能)が「トレード」と「マイニング」を最適な状態で運用する」という工知能を利用した驚愕の特徴をもつICOです。
また、Sony Suzuki氏がCEOを務められているのも注目ですね!
今後の動向が気になるICOなので今のうちにチェックしておきましょう。
今後もICO「hashberry(ハッシュベリー)」に注目です!

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?評判のホワイトペーパーを参考に特徴・口コミなど紹介!|coin太郎のCripte日記

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?評判のホワイトペーパーを参考に特徴・口コミなど紹介!|coin太郎のCripte日記


今回は、最近話題になっている仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とはどんな特徴の仮想通貨なのか?評判のホワイトペーパーを参考にして特徴・口コミなどを紹介していきます。

 

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101054j:plain

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の日本語での公式紹介動画がYouTubeにアップされています。

youtu.be

ASOBI COIN(アソビコイン)公式URLはこちら

asobimo.io

ASOBI COIN(アソビコイン)ホワイトペーパーはこちら

https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」市場規模

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のホワイトペーパーにも記載されていましたが、デジタルコンテンツの一次流通市場規模は8兆4,156億円で、二次流通市場規模は約1兆2,000億円と推定されており、とても巨大な市場と言えます。

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」評判の開発チーム

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の開発チームについて紹介していきます。

CEOは近藤克紀氏で、アソビモ株式会社の代表も務められている方です。

羅 鍾九氏は、DeNAやKAKAO Groupの子会社経営などの経歴のある方です。

更にアドバイザーには、DDIセルラー(現au)、第二電電株式会社(現KDDI)、イー・アクセス株式会社(現ワイモバイル) などの創業者である千本 倖生氏が参画されています。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101117j:plain

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の特徴

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」を使用したデジタルプラットフォーム内では、ブロックチェーン技術を使用する事でコンテンツの所有権を明確化し、これにより不正に複製された商品が市場に出なくなり、ユーザーは遊んだり読み終えたデジタルコンテンツを二次流通販売(中古販売)することが可能となります。

現在のゲームアイテムなどの販売はマネーロンダリング防止の為、禁止されていましたが、「ASOBI COIN(アソビコイン)」はブロックチェーン技術を用いて取引の透明性を確保することで、アイテム販売できる環境構築を目指します。

また、これまでの二次流通販売(中古販売)では、収益が製作者に直結しませんでしたが、ブロックチェーンを用いた「分散型 セキュリティシステム(DSS)」では、中古販売でもトレード金額に応じた収益が製作者に還元され、これにより、収益を得れた製作者は、更に質の高いコンテンツを作ることが可能となります。

 

 

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」運営会社情報

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の運営元であるアソビモ株式会社は、オンラインゲームの開発会社で、スクウェア・エニックス社と共同開発中タイトル『ファンタジーアース ジェネシス』などのゲームを開発しており、オンラインゲームを15年以上に渡り制作してきた実績のある会社です。

アソビモ株式会社は2007年3月に設立され、所在地は東京都豊島区池袋ですが、上海、台北にも拠点があり、世界規模で600人以上の開発者が在籍しています。また、ICOを発表後のアクティブユーザーは月間1000万人以上います。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101135j:plain

  • 会社名:アソビモ株式会社(英語表記:ASOBIMO,Inc.)
  • 代表者:代表取締役 近藤 克紀
  • 本社所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-1-2
  • 事業内容:オンラインゲームの開発・運営

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ロードマップ

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップは下記の通りになります。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101253j:plain

2018年

・ASOBI STOREでASOBI COINや仮想通貨を関連ゲーム内で利用可能化

・ゲームアイテム二次流通プラットフォーム「Switex Japan」のサービスが開始

 

2019年

・分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスを提供

・デジタルコンテンツの二次流通(中古販売)プラットフォームを提供

 

2021年

・中央サーバーが存在しないオンラインゲーム、DAPPS−MMORPGの提供を開始

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の将来性

 

ASOBI COIN(アソビコイン)は将来的に、様々な企業の運営するゲームで使用可能になる予定です。

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101343j:plain

ASOBI COIN(アソビコイン)対応予定ゲームは下記のとおりです。

・アヴァベルオンライン

・イルーナ戦記オンライン

・トーラムオンライン

・アルケミアストーリー

 

また、上記以外の現在開発中のタイトルでも、ASOBI COIN(アソビコイン)を使用できるようになる予定です。

 

 

驚愕の市場規模の仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」特徴まとめ

 

f:id:colitis1p_thie:20180730101354j:plain

最近話題になっている仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とはどんな特徴の仮想通貨なのか?評判のホワイトペーパーを参考に特徴・口コミなどを紹介していきました。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の市場は大きな可能性を秘めています。

注目すべきポイントは、「運営会社が実績のあるオンラインゲーム開発会社」「市場規模が約1兆2,000億円」「開発メンバー」「今までにない特徴」などが挙げられます。

気になった方は「ASOBI COIN(アソビコイン)」に注目してみてはいかがでしょうか?